活動案内

鹿児島県硬式空手道連盟に所属し、九州(宮崎県・熊本県・福岡県)、愛知県、神奈川県に道場があります。活動案内の紹介です。

HOME 指導者紹介 道場案内 活動案内 拳心会案内 大会結果

【格闘技空手道拳心会 HOME】 »  活動案内

第64回 空手道拳心会青少年大会[2017.03.26]

第63回 空手道拳心会青少年大会[2016.10.30]

第32回全日本硬式空手道選手権大会 [2016.08.21]

平成28年8月21日、東京の国立競技場代々木第二体育館で、第32回全日本硬式空手道選手権大会が盛大に開催されました。

▲ 四元志桜里の試合

【優勝】
小学5年生の部:岸田城之心(川崎)
高校3年生の部:石澤楓(川崎)
女子小学1年生の部:四元里桜音(鹿児島)
女子小学3年生の部:四元志桜里(鹿児島)
【準優勝】
中学2年生の部:瀬戸口陽斗(鹿児島)
高校2年生の部:下山雄太(川崎)
高校3年生の部:金田蓮(鹿児島)
一般有段重量級の部:石崎準郎(川崎)
【3位】
小学6年生Aの部:金田陸(鹿児島)
小学6年生Bの部:金城和倖(鹿児島)
女子小学6年生の部:坂口葵惟(鹿児島)
女子中学2年生の部:小野山加奈子(福岡)

▲ 開会式の様子

四元志桜里が「KING OF STRIKERS」25キロ級チャンピオンに![2016.06.05]

四元志桜里は2016年6月5日、KING OF STRIKERS(キングオブストライカー)25キロ級 タイトルマッチ(2分x3R)出場!
3R1分29秒KO勝利にて、王座獲得!

第61回・第62回 拳心会青少年大会 in鹿児島アリーナ [2015.10.25][2016.03.27]

▲ 62回選手宣誓 瀬戸口選手(本部)

▲ 幼児部の入賞 おめでとう!!

▲ 61回選手宣誓金城選手(和田)

▲ 幼児部の敢闘賞 嬉しいですネ!!

▲ 組手試合の様子

▲ かわいくて強い!!鹿児島の女の子です

第62回拳心会青少年大会 [2016.03.27]

【会長賞】
瀬戸将太

【副会長賞】
福嶋晃志

【師範賞】
若松颯人
石井雄希
朝倉一輝
下山翔太
坂口偉武輝

第61回拳心会青少年大会 [2015.10.25]

【会長賞】
川邊隆誠

【副会長賞】
小野山加奈子

【師範賞】
金城武倖
金田耶稀
福ア勇杜
福森天星
野村優太

愛知県 指導者認定講習会 [2015.11.15]

▲ 怖い尾前会長(笑)と新山副会長を囲んで練習生の皆様です

▲ 緊張していた練習の様子

平成27年11月15日、尾前会長が拳心会愛知県本部道場にいらっしゃいました。 県本部道場と江南支部道場から、指導者と練習生合わせて約30人が集まりました。 初めて尾前会長に会う子どもたちも多く、新山副会長よりも偉い先生=副会長よりも怖い先生ということで、みんなガチガチに緊張していました(笑)。
挨拶、礼儀、空手の技術、練習方法、指導方法はもちろんの事ですが、特に指導者には上に立つ者として、どうあるべきかという心の在り方を教えていただきました。
私は忙しさに流され、生きる本質について考える余裕もなく、毎日を過ごしておりましが、 「儒教の教え」「武士道の基本精神」という、昔の人が大切にしていた考え方に共感してとても良い勉強の機会となりました。
自分自身が大きな夢と目標を持ち、自分自身が人間力を高め、自分自身が子どものお手本となる。 それが1番良い指導方法だと感じました。
これからも強くて優しい子どもを育成できるよう、精進しようと決意した講習会でした。

松浦知希

キックボクシング「熊本キックボクシング魂5」in熊本市食品交流会館 [2016.03.06]

2016年3月6日(日)熊本市食品交流会館にて熊本キックボクシング 魂5 が行われ、今年初となる大会に拳心会から学生4名が出場し、KOは出来なかったが、拳心会の圧倒的な力で4名全員が勝利することが出来ました。
このような舞台で経験させて頂くことに心から感謝し、次のステップに繋げて行きたいと思います。

【ジュニア2分1R】45kg以下
■中学一年生
安田玲隆(拳心会谷山)○ - ×野村拓夢(禅道会) 判定勝ち
【ジュニア2分2R】30kg以下
■小学二年生
四元志桜里(拳心会牧之原)○ - ×中川一妃(萬田道場) 判定勝ち
【ジュニア2分2R】50kg以下
■中学二年生
福嶋一志(拳心会和田)○ - ×富永龍樹(九州比山ジム) 判定勝ち
【一般女子3分1R】 ■高校一年生
安田海有(拳心会谷山)○ - ×後藤幸子(ELEPHAS) 判定勝ち

▲ 安田玲隆

▲ 四元志桜里

▲ 福嶋一志

▲ 安田海有

キックボクシング「fighter strong 2015」inオロシティーホール [2015.12.27]

平成27年12月27日(日)に鹿児島市谷山オロシティーホールにて今年最後の締めとなる格闘技イベント「fighter strong 2015」(キックボクシング)が盛大に行われ、今回拳心会から10名がエントリーしました。
沢山の応援の下、日々の努力の成果が実り素晴らしい結果を収めることが出来ました。
選手、セコンド、応援の皆さんが一致団結し今年の締めくくりにふさわしい大会となりました。

【1部アマチュア戦】
■小学三年生
柳田修也(拳心会本部)○ - ×水流澄海(空手道空術) KO勝ち
■小学三年生
野村亮太(拳心会西谷山)○ - ×山下楓朔(薩摩ジム) KO勝ち
■小学六年生
福嶋礼志(拳心会和田)○ - ×平良悠人(薩摩ジム) 判定勝ち
■高校二年生(相手は一般)
金田蓮(拳心会和田)○ - ×米山史朗(坊海竜) 判定勝ち
■高校三年生(相手は一般)
堀脇瑠莉(拳心会本部)○ - ×日高節子(薩摩ジム種子島道場) 判定勝ち

【2部アマチュア対抗戦】
■小学二年生
四元志桜里(拳心会牧之原)○ - ×尾崎海道(延岡) KO勝ち
■中学一年生
安田玲隆(拳心会西谷山)○ - ×矢口光来(延岡) KO勝ち
■中学二年生
福嶋一志(拳心会和田)○ - ×前村楓騎(大崎) 判定勝ち

【プロ戦】
■61kg級
森喜紀(拳心会本部)○ - ×村上裕貴(宮田ジム) 判定勝ち
■57kg級
園田皐貴(拳心会本部)× - ○上野賢志(薩摩ジム) 惜しくも判定負け

▲ 柳田修也

▲ 野村亮太

▲ 福嶋礼志

▲ 金田蓮

▲ 堀脇瑠莉

▲ 四元志桜里

▲ 安田玲隆

▲ 福嶋一志

▲ 森喜紀

▲ 試合風景(堀脇瑠莉)

鹿児島県 国分支部の道場生

第11回西日本硬式空手道選手権大会 [2015.08.02]

平成27年8月2日、宮崎県霧島ツワブキ武道館にて、九州各県・四国から約350名の選手たちが集まり大会が開催されました。

【型の部】
■小学1年生の部:[準優勝]今村騎夢來
■小学2年生の部:[優勝]四元志桜里
■小学3年生の部:[優勝]M田剛
■小学4年生の部:[準優勝]若松凌也
■小学5年生の部:[3位]臼井大河
■小学6年生の部:[準優勝]福嶋礼志/[3位]石井雄希/[3位]芝原陸
■中学生の部:[優勝]福嶋一志/[準優勝]福嶋晃志/
[3位]安田玲隆/[3位]石井直希
■高校・一般の部:[優勝]園田皐貴

【女子組手の部】
■小学2年生の部:[優勝]四元志桜里
■小学3年生の部:[3位]河原菜々伽
■小学4年生の部:[優勝]宮嵜明梨/[準優勝]阿比留なのは
■小学5年生の部:[優勝]坂口葵惟
■中学1年生の部:[優勝]阿比留あやめ
■中学2.・3年生の部:[準優勝]加藤朱里/[3位]瀬戸優水
■高校・一般の部:[優勝]金田瑠華/[準優勝]堀脇瑠莉

【男子組手の部】
■小学1年生の部:[準優勝]今村一真
■小学2年生の部:[優勝]永濱快晟/[準優勝]古江琉空/[3位]與倉壱心
■小学3年生の部:[優勝]柳田修也/[準優勝]松下稟空/[3位]與加治佐旺晟
■小学4年生の部:[優勝]山川誠人
■小学5年生の部:[優勝]臼井大河/[3位]山川大心/[3位]金田陸
■小学6年生の部:[準優勝]平野勝久/[3位]廣岡竜弥
■中学1年生の部:[優勝]瀬戸口陽斗/[準優勝]一柳飛翔/[3位]安田玲隆
■中学2・3年生の部:[3位]金城武倖
■高校生の部:[優勝]瀬戸将太
■シニアの部:[優勝]崎元修治
■一般有級の部:[優勝]藤田晃輔/[準優勝]永山将大
■一般有級の部:[優勝]古江数馬/[準優勝]森喜紀

第31回全日本硬式空手道選手権大会 [2015.07.12]

平成27年7月12日、東京の代々木第二体育館で、第31回全日本硬式空手道選手権大会が盛大に開催されました。

▲ 優勝/石崎隼郎

▲ 優勝/四元志桜里

【一般有段中量級の部優勝】
石崎隼郎(川崎)

【女子小学2年生の部優勝】
四元志桜里(牧之原)

【女子中学1年生の部準優勝】
小野山加奈子(福岡)

【高校1年生の部 3位】 下山雄太(川崎)
【小学4年生の部 3位】 岸田城之心(川崎)
【幼児の部 3位】 中島浩希(川崎)

▲ 準優勝/小野山加奈子

▲ 3位/(左)下山雄太・(中)岸田城之心・(右)中島浩希

本部道場 キックボクシング部門

▲ 目標はリングの中で闘う事、強くなる事、減量等

▲グローブ姿が様になっていて皆さんカッコイイです!!

有村師範代、森指導員、大河準指導員の3人が本部道場で水曜日の午後8時からキックボクシングの指導をしています。安田さん親子、外薗さん親子を始め30代、40代のお父さん達が一生懸命練習を頑張っています。

日曜日の午後6時から谷山福祉会館でも練習をしています。

キックボクシング Fighter7 inオロシティホール [2015.4.19]

▲ たくさんの応援ありがとうございました。

2015年4月19日、鹿児島市オロシティーホールにて今回で7回目となる鹿児島最大級の格闘技イベントFIGHTER7が盛大に開催されました。
拳心会からキックボクシングに8名エントリーし、過酷な減量を乗越え体重を合わせてのワンマッチ戦に挑み、それぞれに練習の成果を発揮し有意義な大会となりました。

【 試合結果 】
安田玲隆(拳心会)○ - ×下田代蒼生(坊海竜) 1RKO勝ち
金田那稀(拳心会)× - ○小川勇大(薩摩ジム) 判定負け
金田瑠華(拳心会)○ - ×K A H O(インタージム) 判定勝ち
福嶋一志(拳心会)○ - ×海野龍美(薩摩ジム) 1RKO勝ち
金田 蓮(拳心会)× - ○池田航太(薩摩ジム) 判定負け
森 喜紀(拳心会)○ - ×尾崎雄矢(宮田ジム) 1RKO勝ち
古江数馬(拳心会)× - ○一匹狼(野中道場) 1RKO負け
北園翔大(田畑ジム)○ - ×園田皐貴(拳心会) 1RKO負け

▲ 安田玲隆
アグレッシブな攻撃で1RKO勝ち
 

▲ 金田瑠華
攻撃ポイントを稼ぎ判定勝ち
 

▲ 福嶋一志
安定したパンチからの蹴り連打で
1RKO勝ち

▲ 森喜紀
フルスイングの左パンチで1RKO勝ち
 

第59回・第60回 拳心会青少年大会 [2014.11.02][2015.03.29]

▲ かわいい幼児の入場です。ちょっとはずかしいかな。

▲ 男子組手の試合

▲ 第60回開会式

▲ ワクワク、ドキドキで応援。

▲ 真剣な眼差しで相手選手を確認

▲ 入賞おめでとう。うれしいですネ。

第59回拳心会青少年大会 [2014.11.02]

【会長賞】
塩屋健太

【副会長賞】
M部颯汰

【師範賞】
川邊隆盛
大石侑叶
瀬戸優水
田平源祈
M田颯斗

第60回拳心会青少年大会 [2015.03.29]

【会長賞】
佐々木梅歌

【副会長賞】
福嶋一志

【師範賞】
原田晃成
田中晴喜
一柳有花
久保朋香
安田玲隆

第19回九州硬式空手道選手権大会[2014.12.07]

▲ 大活躍した選手と審判員の皆様おつかれさまでした。

平成26年12月7日、第19回九州硬式空手道選手権大会が、熊本県大津総合体育館で盛大に開催されました。

大会結果につきましては型部門で3名、組手部門で7名の優勝と大活躍でした。

中でも小学1年女子の四元志桜里(牧之原)は組手、型共に優勝と二冠を果たし素晴らしい結果を残すことが出来ました。

なお、四元志桜里(牧之原)と6年女子組手の部で優勝した小野山加奈子(福岡)の2名は平成27年7月12日に東京代々木競技場で開催される、全日本選手権大会に出場が決定しています。

これまでにもまして日頃の練習と、走り込みなども毎日欠かす事無く、努力をしておりますので全国での活躍が期待されるところです。皆様方の温かいエールを宜しくお願いいたします。

【大会結果】
【型】
小学1年(四元志桜里)・小学5年(福嶋礼志)・中学1年(瀬戸優水)
【組手】
小学1年(四元志桜里)・小学4年(金田陸)・小学6年(瀬戸口陽斗)・小学6年(小野山加奈子)
中学1年(金城武倖)・中学3年(肝付智哉)・高校生(登立翔也)

第30回全日本硬式空手道選手権大会 [2014.08.24]

▲ 津田師範(左)と勇敢な選手8名。右は甲斐九硬連会長

平成26年8月24日、東京の代々木体育館で、第30回全日本硬式空手道選手権大会が盛大に開催されました。

東北、関東、東海、四国、九州地区の優秀な成績を収めた選手らが出場する全日本選手権大会で、拳心会の選手は4名の選手が3位入賞の成績を収めました。

3位入賞4名 おめでとう!!
■小学4年生の部 山本晏菜(川崎)
■中学3年生の部 肝付智哉(鹿児島)
■高校1年生の部 石澤 颯(川崎)
■一般有段中量の部 石崎隼郎(川崎)

▲ 石崎隼郎選手(川崎)
次は是非優勝を!!

▲ 右・津田裕也選手(川崎)の試合

キックボクシング Fighter6 in南さつま市 [2014.4.13]

▲ 金田瑠華(判定勝ち)

▲ 金田蓮(KO勝ち)

▲ 福嶋一志(KO勝ち)

■キックボクシングの試合に拳心会から6名の選手が出場して3名が勝利しました。

祝 格闘技空手道拳心会35周年記念大会(第58回) [2014.03.30]

▲ 鹿児島アリーナメイン会場での開会式

▲ 後方からの開会式の様子

▲ 石崎隼郎選手(神奈川県)の選手宣誓

▲ 会長賞の授与 有村広之指導員(牧之原)

▲ 軽快な音楽に合わせてダンス空手。
女の子達のかわいい演武に会場は大きな拍手で包まれました!!

▲ 福嶋師範(中央)の大好きなB'zの曲に合わせて、
スピードと迫力があった組手の試割演武

▲ 会長が考案した拳極の型を演武した黒帯の子供達。とってもかっこよかったです!!

▲ 片山師範、川越師範、税所師範の型演武

▲ 一般有段者の組手(右.島中選手)

▲ 表彰式 おめでとう!!

拳心会35周年記念大会 [2014.03.30]

【会長賞】
有村広之

【副会長賞】
下山雄太

【師範賞】
小野山敢太
鬼塚李玖斗
川邊凛
山口晏加
石田晃士

第57回拳心会青少年大会 [2013.11.10]

【会長賞】
久保山廉

【副会長賞】
徳永圭佑

【師範賞】
石井直希
篠原雄大
野村颯太
金田瑠華
安田海有

第18回九州硬式空手道選手権大会[2013.09.22]

▲ 九州大会 入賞おめでとう!!

▲ 大会終了後の役員と審判員の皆様

第28回全日本硬式空手道選手権大会 [2012.08.26]

▲ 全国大会!!さすがに緊張します!!

平成24年8月26日、 第28回全日本硬式空手道選手権大会が東京の代々木体育館で盛大に開催されました。 拳心会からは、鹿児島、愛知、川崎地区の生徒が出場しました。

鹿児島総本部の肝付智哉選手が、中学1年生の部で優勝、又、川崎支部の石崎隼郎選手が、一般有段中量の部で3位、同じく川崎支部の下山隆選手がシニアの部で優勝しました。

下山選手はおそらく最年長だったと思いますが、軽快な動きで決勝迄勝ち上がり、決勝も危なげない試合運びで見事に勝利しました。

▲ 下山隆選手

▲ 岩崎隼郎選手

▲ 肝付智哉選手

第17回九州硬式空手道選手権大会[2012.11.25]

▲ 選手の皆様、審判お皆様おつかれさまでした

昨年の平成24年11月25日、第17回九州硬式空手道選手権大会が、福岡県営筑後広域公園体育館で盛大に開催されました。

拳心会からは総勢42名の選手が、九州大会に出場し、優勝5名、準優勝5名、3位9名、合計19名の選手が入賞しました。

女子小学1・2年組手の部坂口葵惟、女子中学組手の部堀脇瑠莉、男子小学2年組手の部柊ア義人中学2・3年組手の部登立翔也、 一般重量組手の部古江数馬、以上5名の選手が、優勝しました。皆様の温かいエールをお願いします。

又、今年の9月22日、鹿児島メインアリーナで、第18回九州大会が開催されます。会員の皆様は九州大会を目標に日々の練習を頑張って下さい。

椎葉道場の紹介

椎葉道場の子供達が通っている尾向小学校は、四方を山に囲まれた生徒数39名の小学校です。お盆の時は小学校で魚のつかみとりや花火等があり、 とても楽しいお祭りが行なわれます。又、小学校の前を流れる川ではニジマスを放流しての、魚つり大会もあります。

この様な大自然の中で、現在10名の生徒が週に2回の練習を行っています。写真前列の5名は今では珍しい石井家の5人兄弟です。 生徒数は少ないですが、みんな仲よく、元気よく、空手の練習を頑張っています。

第56回拳心会青少年大会を終えて [2013.03.24]

▲ かわいい幼児の入場 ワクワク!!ドキドキ!!

▲ 幼児年少の組手試合・
今村選手の中段げり・技有り!!

▲ 風吹龍矢副会長のあいさつ

▲ 福岡からきました。がんばります!!ピース!!

[愛知県 副会長 風吹龍矢]

拳心会30周年記念大会以来、4年ぶりに拳心会の大会に参加することができました。会長を初め全役員が一つになり、大会を運営していく様子を見て、あらためて拳心会の凄さとすばらしさを感じることができました。

きびきびした審判の動き、一生懸命に試合をする選手、どの選手にも分け隔てなく応援する保護者や関係者、大会に参加されたすべての方が自分達の大会であるという意識を持ち大会が運営されました。
拳心会にはすばらしい指導者とすばらしい選手がいるということ、これは拳心会の誇りです。

この大会に参加した、これらの少年たちが次の世代の拳心会を作っていくことになります。 大切なのは人づくりです。つまり人間形成です。現在、自己中心的な人間が多く簡単に人を傷つけます。 自分さえ良ければという人間が多くいます。拳心会は、空手道を通して人の道を教える道場です。
「心・技・体」を完成させることによって、人のため、社会のために貢献できる人間を育てることです。 道場五訓の最後に「社会貢献に努めるべし」と書かれている理由をすべての拳心会の会員が理解し実践することが大切なことだと考えます。

最後に、大会を運営された先生方ご苦労さまでした。応援をしてくださった保護者の方々、ありがとうございました。 心より感謝申し上げます。

第56回拳心会青少年大会 [2013.03.24]

【会長賞】
江口 蓮

【副会長賞】
佐々木 梅花

【師範賞】
黒葛野 拓夢
一川翔史
塩屋翔
井上碧
森隼太

第55回拳心会青少年大会 [2012.11.04]

【会長賞】
肝付智哉

【副会長賞】
瀬戸将太

【師範賞】
加藤朱里
南咲綾
長野魁人
児玉龍紀
白木佑典

チャリティー格闘技イベント”Fighter5〜パワフルにいこうぜ鹿児島〜” in 鹿児島市民体育館   スペシャルゲスト 菊野克紀[2013.4.28]

拳心会から
■フルコンタクト空手に藤井裕也(本部キック部)
■防具付キックボクシングに江口蓮(中3・和田道場)、濱平宜良(本部キック部)、森喜紀(本部指導員)
■オープニングファイトに福嶋一志(小6・和田道場)
■キックボクシングハードクラスに園田皐貴(本部準指導員)、福嶋敦宏(本部師範)
が参戦しました。
沢山の方々の応援の下、練習の成果を発揮し思い出深い大会となりました。

【試合結果】
○藤井裕也vs (判定勝ち)
○江口蓮vs小原佑成× (判定勝ち)
×濱平宜良vs大川泰矢○ (2ラウンドKO負け)
○森喜紀vs東福千宙× (1ラウンドKO勝ち)
○福嶋一志vs前村楓騎× (1ラウンドKO勝ち)
○福嶋敦宏vs三城達磨× (1ラウンドKO勝ち)
−園田皐貴vs内村大志− (出血による無効試合)

黒帯会主催拳心会新年会 [2013.01.19]

1月19日に鹿児島市内で開催された黒帯会主催拳心会新年会の様子です。

『前へ、前へ』

▲ 愛知県本部道場
中学2年生 長谷川拓海

愛知県本部道場の門を叩いた僕は、七年目を迎えました。当時小学二年生だった僕は、引っ込み思案で、友達の後ろを付いて歩くほどでした。 見かねた父が、強い子に育って欲しいとの思いで始めた空手です。

当時は、見よう見まねで突き、蹴り、型をやり、試合も経験を積めば強くなると言われ、硬式空手はもちろん、フルコン、キックとさまざまな試合に出場しました。 もちろん全て一回戦負け。おかげで、試合数、経験は道場一位。何事も経験と思っていた心とは裏腹に、負けるたびに悔しさが増し、いつしか勝ちたいと思う気持ちに変わってきました。

練習でも、どうしたら上手く成れるんだろう、どうしたら強く成れるんだろう、と考えるようになり、ふっと、父が言っていた言葉を思い出し「人が十回突きをやれば、お前は、十一回やれ。 人が、百回蹴りをやったら、百一回、百十回、百二十回と人より一回でも、多くやれ。練習は、嘘を吐かない。」と言われた事を思い出し、がむしゃらに練習しました。

その結果が少しずつ芽を出し始め、敢闘賞、三位、二位と結果も出、キックの試合では、春、秋、二大会連続優勝も出来ました。 しかし、空手の試合では、どうしても優勝が出来ませんでした。

中学生になり、体も出来、体力も付いてきたのか練習する度に、強くなれる自信が湧き、この春、臨んだ第三十二回愛知県大会で、念願の「優勝」を手にすることが出来ました。

しかし、喜んでばかりはいられません。僕の「夢」、愛知県本部道場の「夢」、この夏に開かれる全国大会での「優勝」、日本一を勝ち取る「夢」を実現させなければなりません。

何年も前からこの為に強化練習をこなしてきました。汗を流し、涙を流し、時には挫け、何度も何度も、空手を辞めようと思いました。 他の子は、テレビゲームをやり、遊んでいるのに、何故自分ばかりと逃げ出したくなる事も幾度もありました。

でも、逃げたら終わり、「夢」が「夢」で消えてしまう。 頑張ろうと自分に言い聞かせ、この壁を越えたらもっと、もっと素晴らしい未来、夢が待っていると自分に言い聞かせ、「夢」を掴む為、さらに上へ、そして、愛知県本部道場の合言葉、 「前へ、前へ」に向かってこれからも頑張って行きます。

キックボクシング”RISING ON 九州” [2012.05.20]

▲ 今回は金アミの中で試合が行われた。左が山床選手

▲ 試合終了後、ほっとした気分でハイポーズ

2012年5月20日、熊本県で『RISING ON 九州』が開催された。

拳心会からキックボクシングの部門で園田皐貴選手、古江数馬選手、山床修一選手の3名が出場した。
園田選手は3対0の判定勝ち、古江選手はKO負け、山床選手はKO勝ちという成績だった。(HPのブログに掲載

次回は8月19日、鹿児島オロシティーホールで『激突in 鹿児島』が開催される。

全日本ジュニア格闘技連盟発足記念大会へ参戦 [2012.04.08]

▲ 石澤颯選手のポイントを取った寝技

▲ 下山雄太選手の勝負を決めた上段回し蹴り

[神奈川県 師範 津田慎二]

総合格闘技の大会に拳心会から中学生2名が出場しました。今回、参加者は少なかったが、しっかりした動きには驚かされた。

出場した下山雄太(重量級:優勝)、石澤颯(軽・中量級:準優勝)もほとんど寝技の練習をしていなかったが健闘した。
石澤は、1試合目寝技でポイントをとることが出来た。下山に関しても、寝技でもう少しのところでポイントをとれるところまでいったが最終的には、上段回し蹴りで勝負を決めた。

空手の試合では、子供達の体重別は無く、体格が小さいとどうしても不利になりがちだが今回のように、体重別があると十分に活躍できる望みがある。 川崎支部では、硬式空手以外に総合格闘技も取り組んでいます。今後も可能な限り挑戦していきたいと思う。

さぁ8月は、全日本硬式空手道選手権大会が代々木で開催されます。川崎支部からも数名参加すると思いますが、鹿児島、愛知、他、拳心会の皆さんの参加を楽しみにしております。

第54回拳心会青少年大会 [2012.03.25]

【会長賞】
登立翔也

【副会長賞】
肝付智哉

【師範賞】
野村香穏
中村颯太
大久保陸
山華輝
阿蘇谷星司

躍進する拳心会・師範会・黒帯会[2012.02.04-02.05]

▲ みんないい気分で最高で〜す。

今年の2月4日・5日の2日間に渡り師範会会議・拳心会懇親会・黒帯会総会が、有意義に開催されました。
愛知県から新山副会長、神奈川県から津田師範が出席され、嬉しい再会となりました。

師範会の会議では各先生方の貴重なご意見の下、これからの拳心会に重要で意義深い会議となりました。

また、同日の夜は拳心会の一般会員が集う懇親会も開催され、各会員の交流をより一層深めることが出来ました。

発足から11年目を迎える翌日の黒帯会の総会では、各会員の拳心会に対する熱い思いを改めて知り、黒帯会の成長を感じられる会議となりました。 拳心会にとって誠に有意義で充実した2012年の幕開けとなりました。

第53回拳心会青少年大会 [2011.10.30]

【会長賞】
川口喬史

【副会長賞】
江口蓮

【師範賞】
肥後翔太郎
山下順平
鎌田宇記
佐々木梅歌
白濱百合奈

第9回硬式空手道西日本選手権大会[2011.09.11]

▲ 入賞した選手の皆さんおめでとう。更なる活躍を期待しています。

▲ 西日本硬式空手道選手権大会の前夜祭

[鹿児島県 師範 川越貞夫]

平成23年9月11日第9回硬式空手道西日本選手権大会が、全日本硬式空手連盟会長の千葉拳二郎先生ご夫婦をお招きして、宮崎県武道館で盛大に開催されました。

大会前日の前夜祭では、千葉先生を囲み九州、四国、中国地区の先生方が強固な結束を誓い、強い絆を深めました。

さて、西日本大会での拳心会は、素晴らしい活躍をしました。優勝者6名、準優勝者16名、3位12名と言う素晴らしい結果でした。
福嶋一志、坂口葵惟、新屋敷望、堀脇瑠莉、金城和倖、中村颯太の6名の選手が優勝しました。
暖かいエールを送ってください。

次回の西日本大会は、記念すべき第10回大会となります。
選手諸君は、更なる練習に励み記念すべき大会で優勝できるように頑張ってください。

鹿児島県 荒田道場の紹介

▲ 加納準指導員後列の左端 (一般女子・日高貴子さんが欠席)

[荒田道場準指導員加納英一]
火曜日の夕方7時前、「おすっ!おねがいしますっ!」と屈託のない元気な声が道場に響きます。
新幹線の開通などで賑わうこの荒田道場では、最近入門者もだいぶ増え、広く感じていた道場も狭くなってきました。

30年余りの歴史を持つ拳心会ですが、荒田道場の開設は平成18年6月とまだ新しく、今年で5周年となりました。
道場としている公民館もまだ新しく、とても清潔な印象の道場です。
一般部も開設されており、鹿児島中央駅から徒歩圏内にあるこの道場は、会社帰りにひと汗流すのに絶好の場所と言えるでしょう。

又、一般女性の会員も在籍するのが荒田道場の特徴です。 とかく汚臭いイメージの強いこの世界ですが、彼女たちが細い声で一生懸命練習する姿を見ると、かつて自分も入門したての頃の、とても真塾な気分で練習に取り組むことができます。
荒田道場が拳心会の鹿児島市中心部の活動拠点としていける様、これからも稽古を通して皆で励んでいきたいと思います。

第52回拳心会青少年大会 [2011.03.27]

【会長賞】
堀脇瑠莉

【副会長賞】
山口洸樹

【師範賞】
塩屋健太
瀬戸口輝
岩波晴
谷口朱理
松原瑠杏

キックボクシング”激突” in 鹿児島 [2011.05.28]

▲ みんなで集合写真

▲ 山床師範代(右)

▲ 園田選手(左)

平成23年5月28日鹿児島県の姶良総合体育館で、格闘技イベント「激突lnカゴシマ」が開催され、総本部から園田皐貴選手と山床修一師範代の2名が出場した。

園田選手はキックボクシング田畑ジム所属の選手と激しいパンチの打ち合いとなったが、終始優勢な戦いで勝利を飾った。

山床師範代はメーンイベントの試合で東京新宿ジム所属の元プロボクサー選手と対戦した。 重量級の試合とあって、お互い鉛のようなハードパンチの連続だったが、山床師範代のパンチが相手の顔面を捉えてダウンを奪った。 その後も2度のダウンを奪い見事なKOで勝利を飾る事が出来た。

第15回九州硬式空手道選手権大会[2010.12.12]

▲ 有村桂選手 後列の右端・石崎隼郎選手 後列の左端

平成22年12月12日熊本県宇都市宇都市民体育館で第15回九州硬式空手道選手権大会が盛大に開催された。

拳心会からも鹿児島・宮崎・熊本・福岡の選手らが出場して型試合と組手試合の白熱した試合を繰り広げ好成績を収める事が出来た。
男子組手、一般有段無差別の部では、有村桂選手(鹿児島)が優勝し、九州のチャンピオンになった。石崎隼郎選手(鹿児島)は惜しくも3位となったが 各選手の活躍に拳心会の応援団も大きな拍手を送っていた。
平成22年、最後の大会となった九州大会に出場した選手らは、一段と大きな自信をつけたことだろう。

思い出に残る第8回硬式空手道西日本選手権大会[2010.11.07]

▲ 古江数馬選手後列の左端・隣川越貞夫支部長

[国分支部支部長 川越貞夫]

平成22年11月7日(日)高知市くろしおアリーナで第8回西日本硬式空手道選手権大会が開催されました。

今から13年前、西日本の3地区連絡協議会で(当時、九州地区尾前会長、四国地区笹岡会長、中国地区橋本会長)3地区代表が協議に協議をかさね、 西日本地区連合会が結成されて早くも8回目の大会が開催されました。今では、西日本地区の先生方の絆が大会を重ねる毎に深くなって来ています。

さて、昨年の大会も思い出に残る大会でした。超大型パスを尾前会長が運転をされ、3泊4日の移動日程で坂本龍馬記念館や桂浜等を観光しました。 大会では、選手諸君も日頃の練習の成果を十分に発揮しました。中でも一般重量級では、古江数馬選手が西日本大会2連覇を達成し、現在は3連覇に向けていきごんでおります。 これからも、多数の選手が西日本選手権大会に参加して、たくさんの思い出や、絆を作ってほしいと思います。

第51回拳心会青少年大会 [2010.10.31]

【会長賞】
平野一輝

【副会長賞】
登立翔也

【師範賞】
崎元翔輝
黒瀬健斗
平鷹亭
原田祐里
平松天志郎

2009 第25回 全日本硬式空手道選手権大会(平成21年8月16日 代々木第2体育館)

格闘技空手道拳心会30周年記念大会(平成21年3月29日 鹿児島アリーナ・メイン会場)

第27回全国選抜優勝大会(愛知)

第13回九州硬式空手道選手権大会(宮崎)

第6回硬式空手道西日本選手権大会(高知)

第22回 鹿児島県硬式空手道選手権大会(鹿児島)

誠拳GKARATEキックボクシング大会(熊本)

第22回極真空手県大会(フルコンタクト空手・,鹿児島)

【活動案内】拳心会総本部は九州の鹿児島県にあります。空手の練習生を募集しています。見学、無料体験可能です。